実績

安否確認

センサー、メーター機器等から利用状況を取得。
データベース化された情報から居住者の状況を判断し、部屋ごとの安否状況を表示します。

安否確認システム

  • image6.png
  • iro.PNG

介護付き有料老人ホーム等の部屋ごとにマルチIFBOXを設置し、既存の設備(センサー・電話機等)から利用状況を取得します。データベース化された情報から居住者の状況判断を行い、フロント等の管理用ディスプレイに部屋ごとの安否状況を表示します。

接続機器例

パッシブセンサ 居住者の動作を感知します。
水道メータ 水道利用を感知し生活活動有と判断します。
給湯メータ 同上
施錠・開錠を判定し在室外出を判断します。
POS・券売機 食堂での喫食情報を収集し生活活動と判断します。
パソコン機器 目視で確認した情報を入力します。
    一覧へ     後の記事 >